神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > 神宮前矯正歯科 > メンバーの広場 > 夢の実現に向けてさらなる一歩を (Section 1)

夢の実現に向けてさらなる一歩を (Section 1)


突然の電話

ある日、僕のところに1本の電話が、
「先生、いつもお世話になります。ケリーの中島です。実は4階のフロアーが空いたのでお声をかけさせていただきました。確か先生が以前から借りたいと言っていたのを思い出しまして、最初に連絡させていただきました」
私は以前から今までにはない新しいコンセプトを持った歯科医院を作ってみたいという夢がありました。まだそのときは漠然としか考えていなかったのですが、この電話でいきなり現実化してきました。
「はい、是非借りたいのですが」
後先も考えずに思わず返事をしてしまいました。これから始まる苦労も知らずに・・・
「ついに待ちに待ったそのときが来たか・・・・」


全く新しいコンセプト

心のこもったおもてなし(パーソナルサービス)
日本に伝わるおもてなしの心を・・・・
玄関先までお迎えに行き、真心の気持ち、お越しいただいたことへの感謝の気持ちを忘れずにおもてなしをする。神宮前矯正歯科で築き上げてきた、独自で最上の治療を施す。治療後はゆっくりくつろいでいただき、玄関先までお見送りをする。
出会いに感謝し、選んでいただいたことに感謝し、お部屋を整えてお迎えする。
日常の喧騒を忘れ、非日常的な空間で、ゆっくりくつろいでもらうために。
治療が終わった時、矯正をして本当に良かったと思ってもらえるように。そしてその喜びを心から分かち合えるように。


世界のデザインとの出会い

非日常的な、しかも快適な空間作りのために。
新しいコンセプトを持った空間は今までと同じデザインであってはならない。
早速、本屋でインテリアデザインの本を片端から読みまくりました。
繊細で、きめの細かいデザイン。シンプルな中に美しさがある。素材感を大切にしている。日本的で確かにすばらしい作品がたくさんありました。でもなんとなく心に響いてこない。
縦、縦、横、横の直線。曲線があっても2次平面的な曲線。たくさん見ていくとどれも同じに見えてくる。何かが物足りない。
ふと見上げると世界の建築の本が目にとまりました。何気なくその本を取り上げ開いてみると。
「す、すごい・・・・」
複雑な三次元の曲線が入り乱れて複雑な形態をつくりあげています。想像を超えた複雑な形態が・・・・日本のデザインにはありえない、見たことのないデザインが。
私は一人本屋で興奮していました。
「これもすごい、これもすごい」
気づくと、10冊もの本を手にしてレジの前に立っていました。
「お客様、お買い上げが2万円以上ですと無料で自宅まで郵送できますが」
あまりにも重そうなその本を見て、定員さんが親切に声をかけてくれました。
「大丈夫です。持って帰ります」
この刺激的なデザインを明日まで見れないなんて我慢できません。すぐにでも家に持ち帰って見たい。
自宅に帰った私は玄関を上がるなりいきなり本を開いて。
「これもすごい、これもすごい、かっこいいな・・・しびれる・・・」
一人ぶつぶつ言いながら興奮しています。子供たちも呆れて相手にしてくれません。
気に入ったデザインに付箋を付けていきます。気づくと殆どのデザインに付箋が張ってありました。
「ちょっと気に入りすぎ? 今度は付箋の中からもう一回選ぼう」
再度、付箋の付いているデザインの中から違う色の付箋をつけ始めました。
少しは減りましたが、まだまだ好きなデザインが多すぎて、一人に絞るなんてできません。
「うーん。もう一回」
夜もすっかり更けていました。気づくと一人リビングでつぶやいていました。
「残念だけどもう今日は寝なければ。また明日やろうかな」
次の日、職場で再度一人選考会。
「ごめん、付箋くれない」
まだまだ全然絞りこめません。
「違う色の付箋くれる」
それでも絞り込めません
「ごめん、また違う色の付箋くれる」
「先生、もう違う色の付箋はありません」


建築家 決定

10回を繰り返したころ、ようやく4人に絞り込むことができました。
マークニューソン、ロンアラッド、ザハハディット、アリラヒム。
後でわかったことですが、誰もみな世界的に超有名な建築家です。
      
左から)マークニューソン ロンアラッド ザハハディットのデザイン

ザハハディットは先日、代々木公園に突如出現したシャネルの移動美術館を作ったことでも有名です。

シャネルの移動美術館 IN 香港

「現実的なのはマークニューソンかロンアラッドかな。でも・・・」
その中でひときわ目を引くデザインが。
ものすごく複雑な曲線が入り乱れて、有機的な形態が構築されています。複雑すぎて形がどうなっているのかさっぱりわかりません。
「あまりにも斬新的過ぎるからちょっと今回の計画にはあわないかな。こんなに近未来的なデザインだと寛げないし、今回は却下かな。これ好きだけど、もっと現実的なデザインを選ばなければ・・・・」
でもどうしてもそのデザインが頭の片隅にこびりついて離れませんでした。
   
アリラヒムのデザイン 左:リーボック(上海) 右:ホテル(ドバイ)

日は刻々と過ぎていきます。早くデザイナーを一人に絞り込まなければなりません。
治療が終わって待合室に一人座って考えていました。
「確かこの医院を作ったとき、あまりにも斬新なデザインのために、どきどきして自分の居場所がなくて落ち着かなかったよなあ。でも今ではこうしてこの空間にいることが本当に心地よくて快適だよなあ」
私は覚悟を決めました。
「いくら斬新的で近未来的なデザインでも、その中で寛げることはできるはずだ。今ある既成概念で物事を判断してはいけない。決めた。一番好きなデザインに。アリラヒムのデザインに」
でも、果たして彼は自分たちの気持ちを理解して、仕事を引き受けてくれるのか?


next
アリラヒムって誰?
 
 
目次へ戻る



今すぐ!! カウンセリング予約
▲このページの最上部へ
舌側矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技術
患者様の声
リスクと副作用
予約受付
日本先進矯正歯科学会
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
PageTop
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ